忍者ブログ
ブログ作成
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログのお引っ越し先を決定致しました。
Music Caravan
数日後に、トップページから入れるように致します。

写真の掲載、記事、デザイン、いろいろ優れていて、特に無料なのに、広告が無いと言うところが気に入りました。

残念なのは、古い機種の携帯電話から見れないようなのですが、ご不便をおかけします。ただ、どんどん、携帯も進化してしまうので、先取りして行った方がいいのかな、なんて思っています。

また、びっくりしたのですが、このブログですと現在日本に次いで、アメリカ、ルクセンブルグ、ロシア、等からもアクセスが多く、おそらく海外にいらっしゃる日本人の方々に見て頂けているのかな〜と思いました。

インターネットがあって、いい時代になってきたな、とあらためて実感しました。

ぼくも、アメリカにいた頃に日本の情報にはとても飢えていたときがあります。
これからも、遠方のファンの方々のことを思い浮かべながら、記事を書いて行きたいと思います。

なので、写真の説明などにすこし英語を混ぜてみようかなと思っています。海外で出会った人たちにも、見て頂けると嬉しいですよね。

もちろん日本の皆様にはもっと頻繁にアップデートして欲しいと言う、ご要望にお答えして、携帯からもどんどん、リアルタイムでアップして、ツイッターやフェイスブックにも、リンクして行きたいと思います。

写真が比較的簡単にアップ出来るのが嬉しいです。
では、よろしくおねがいします。
PR
今日は孫さんの「自然エネルギー財団」の設立イベントに行って参りました。
たまたま今日スケジュールが空いていたので、応募してみました。

Paradigm shift in Energy
と題して、4時間ほど、英語のディスカッションでした。
うーん、60%くらいは理解出来たかな。

日本がどんだけ遅れているか、うっすら感じてしまいました。
技術力は素晴らしいのに、きちんとした議論が展開されず、既得権だけで動いて行くのはもう、「いいかげんにしてくれー」と、孫さんも訴えておりました。

民主党の議員も多数いらっしゃったので、少しは動くのだろうか、、、。

それにしても、電力の100%を自然エネルギーでまかなっている島が、デンマークにあるそうです。それも、島民が自身でやっているのです。

中国は原発の国と思っていたら、原発よりも沢山の費用で風力発電などの自然エネルギーの発電所を作っているそうで、もう、原発なんか大して力を入れていないようです。

日本だけが原発もまだ必要だ、なんてこと言ってるんですね。
まあ、ミュージシャンとしては、詳しいことには首を突っ込むつもりはありませんが、少なくとも孫さんを生で見て、聞いて、この人は良い人だと思いました。

ap bankの小林武史も理事に入っているんだな。

さて、今日はいろいろお勉強したので、明日からまた、いい音楽を創ることに没頭しよう。
より良き世界には、より良き音楽が必要だからね。

桑名で結婚披露宴の仕事があった。
夜に
ホテルのそばに、テントのラーメン屋ん発見。
美味しかった。


先週の七夕に引き続き、7/14も東京タワーで演奏しました。
今回は「BINGO +」です。
小畑和彦さん、石川智さん、という素晴らしいミュージシャンの方々とご一緒させて頂きました。

雲一つない、快晴の空に浮かぶまあるいお月様。東京の大人の夜が、楽しい音楽で包み込まれました。
ありがとうございました。
グローバルユースビューローのバックアップにより、6/14、15、16と東北ストリートライブ、第1回目に行って参りました。

14日には、登米市の神社へ、まず、奉納演奏をさせて頂きました。
身を清めて、志津川を通り、気仙沼市へ参りました。

登米市の名士、伊達宗弘さまにもお話を伺い、今こそ音楽家の必要がある、と勇気を頂きました。
被災地をご案内して頂き、この惨状により心が傷ついた人たちのために、ぜひとも音楽を届けて下さい、とご協力を約束して頂けました。

さて、気仙沼についてからの活動は、詳しいレポートを写真とともにアップ致しますが、行ってみなければわからない様々なことを見聞きして参りました。

一緒に行ったスタッフとともにホームページ上に詳しい内容を6月中に仕上げますので、ぜひご覧下さい。

今回の感想を申し上げますと、
まず、津波の被害はもの凄く、太い鉄骨が折れ曲がっているがれきの中で鎮魂歌を演奏したときには、ここで命を落とした人たちのその時の恐怖を感じ、ご冥福を強く祈りました。

人々の暮らしはみんな、生きることに必死で、音楽に気がつくのにすこし時間がかかりましたが、しばらくすると、魔法が解けたように目が輝いてくるのがわかりました。

物資が少し落ち着いてきた今、必要なのは、暖かい思いやりの心だと思いました。そして、それを届けにきたら、逆にたくさんの暖かい気持ちを頂くことになり、そしてまた、東北に行きたいと思いました。

このことを忘れないように、これからもこの活動を続け、皆さんと共有して行きたいと思います。


5/21(土)
学習院女子部のやわらぎホールで、チャリティーコンサートに出演しました。

主催は「難民を助ける会」

当日、飛び入りでXUXU(シュシュ)もステージに上がりました。
XUXU(シュシュ)は大船渡の観光大使で、大船渡の支援をしています。

震災のあと、いろいろなことを考えた。

きっとみんな、いろんなことを考えたと思う。

あまりテレビは見ないようにしている。でも見るといろいろな衝撃の言葉に出会う。

そして、未来。

これから来る未来が、どのように変わって行くのか、日本がどんな進化を遂げるのか、とても楽しみだ。

ぼくも、進化しなくっちゃ。
3月30日(水)
ゆうゆう高円寺南館 03-5378-8179
¥1,000
開場13:00 開演13:30
三四朗(sax) ソロ
東京
高円寺
お昼時に三四朗のソロパフォーマンスをお楽しみください。サックスあり、ギターあり、歌あり、踊りも一緒にやろうか!、トークもありです。終わったらティータイムです。

ぜひ、お昼の楽しいひとときを!
どこからはじめても、いいの。
なにからはじめても良いから。

昨日は原宿でお教室ライブでした。
大変な状況の中、応援に駆けつけて下さったファンの方々、本当にありがとうございました。

皆さんと一緒に過ごせる時間が、こんなに大切に思えることは、幸せなことだなと、感じます。

毎日を大切に生きて行こうと、あらためて思います。

僕に出来ることは、やっぱり音楽を提供し続けることなので、がんばります。
ずっと。

こんなに、沢山の人たちが同じ気持ちになれたことって、今までにあっただろうか?
こんなにテレビをみることが辛いことってあっただろうか?

でも、僕には音楽がある。
キャンセルが続くライブの日程でも、いくつかやります、と言ってくれるライブハウスもある。

3/19(土)
阿佐ヶ谷クラビーアはいつものように、ライブがある。
森丘ヒロキ(pf)と一緒にやる。
演奏しているときは夢中だ。

いつものようにサックス心を込めて演奏出来ることの幸せに、またあらためて感謝しています。また、その幸せを皆様と分かち合えたらうれしいです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(11/14)
(10/29)
(10/18)
(10/18)
(10/16)
(10/12)
(10/11)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三四朗
性別:
非公開
職業:
音楽家
自己紹介:
ミュージシャン、サックスプレーヤー、作曲、アレンジ、プロデューサー
活動母体/サパトス、三四朗グループ、クリオネ、いにしえのトリオ
活動場所/
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]