忍者ブログ
ブログ作成
[217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はレクチャーライブへお越しいただき、まことにありがとうございました。

久しぶりに、興奮して大汗をかいてしまいました。

なにせ僕はチャーリーパーカーを聴いてサックスを始めたんで、夢中になってしまいます。

本当に、ありがとうございました。

また、来年チャーリーパーカーを題材に、レクチャーライブを行いたいと思っています。

さて、次回はそれ以前にギターを抱えてアメリカへ行ってしまった僕の原点。
チャーリー・クリステャン、ジャンゴ・ラインハルト、ウェス・モンゴメリー、等を特集したいと思っています。
3月22日(日)14:00〜16:00 原宿alla

どうぞお楽しみに。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
汗びっしょり!
幾つになっても少年のような(と私は思っている)三四朗さんがきちんと膝を揃えて椅子に座り汗びっしょりになりながらのレクチャーライブでしたね。とても素晴らしかったです。

たくさんの予習がしっかりと頭の中にあってその上で聞いたお話はすぅ~っと理解できました。
とてつもない偉業とは別に短く壮絶な人生と思えたチャーリーパーカーですが三四朗さんが柔らかく語られるとサラサラ~っと浄化されるように通り過ぎ、そういう凡人的感傷は何処か関係ない所に行ってしまいました。

何年経っても出会った頃と少しも変わらずピュアで控えめな三四朗さんですがサックスや音楽が粛々とかつ驚異的に進化し続けているのはこんな飽くなき探求心が途絶えることなくあるからなんですね。ずっと冬眠状態の私ですが頑張っている三四朗さんを見て久し振りにパソコンのキーを叩いてみました。
K.F 2009/02/13(Fri)11:56:42 編集
いつも、素敵なSAXをありがとう
夏でも汗を拭く、見たことのない三四朗さんが、
額に汗・・・
チャリー・パーカーに恋をしてくれて良かった!
お陰で、三四朗さんのSAXが聴けます。
hinano 2009/02/13(Fri)08:26:06 編集
昨日は、ありがとうございました!
バードとの出会い、又、好機が重なった三四朗さんの原点出発に、バードの足跡を辿る演奏は、楽しく刺激的でした。34歳で逝ったバードの短いようで中身の濃い人生は、天才人の悩みがうかがえます。
早いか、遅いかの出発の違いも何とかなる~、何より「自分らしく」の力強いメッセージをレクチャーから頂き、「フィッシャーマンズ島の少年」を聴きました。
質問?つぶやき?に、詳しい説明と演奏をしていただき感謝です。「NOW`S THE TIME」CD「チ・チ」を聴き直し、バードの凄さを少しは感じ増した様です。
次回も、続バードレクチャーがあるようで、ちょっとから、次はもっとに繋がるとこちらもよいのですが。三四朗さん、森丘さん有り難うございました。

森丘さんとのレクチャーライブは、次回も気になりますねぇ~。
もこ 2009/02/12(Thu)11:24:20 編集
「衝撃」の素
今日はいつにもまして興味津々に聴かせていただきました。いつも新しいことにチャレンジしたり、向上心を常に持っていたりと、前へ、上へと進む三四朗さんの、今日は根っこのほうを垣間見せていただいた気がします。三四朗さんの「衝撃」の素、チャーリー・パーカー。次回のレクチャーも楽しみですが、来年も楽しみです。
wan 2009/02/11(Wed)23:09:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(11/14)
(10/29)
(10/18)
(10/18)
(10/16)
(10/12)
(10/11)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三四朗
性別:
非公開
職業:
音楽家
自己紹介:
ミュージシャン、サックスプレーヤー、作曲、アレンジ、プロデューサー
活動母体/サパトス、三四朗グループ、クリオネ、いにしえのトリオ
活動場所/
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]