忍者ブログ
ブログ作成
[183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

香川でお会いした皆様、ありがとうございました。
暖かく、そして熱狂的に迎えて下さって(笑)心より感謝いたしております。毎日、演奏の機会をたくさん頂けて、多くの方々に聴いていただくことができました。
いくつか感動的なシーンがありましたが、
まずは香川県の暖かい気候と瀬戸内海に沈むでっかい夕日に感動!しました。
そして「栗林公園での演奏会」、今回は芝生の上にステージを組んでえんそうしました。
「umie」という倉庫を改造して作ったお店は、オーナーでデザイナーの柳沢さんが、中古の家具をとても上手に組み合わせて創ったお店で、お洒落さ満点でした。

Speak Lowにて。
「スピークロウ」はピカピカに磨き上げられたウッディーなお店で、素敵なご夫婦の心のこもったライブハウスです。

「きまま亭」は家族的に迎えてくれました。
「ミケイラ」からはそのすっごい夕日が見れました。
「丸亀町ドーム」にて。
「丸亀町ドーム」でのストリートパフォーマンスは黒山の人だかりになり、びっくりしました。
毎日追っかけして下さる方も出てきて、香川の方々の情熱をひしひしと感じ、また、こちらもいつも以上に自分の力を出さなくてはと、がんばってきました。おかげさまで、素晴らしい6日間になり、心より感謝申し上げます。

帰ってからも、益々ガンバッていきたいと思いますので、皆様、よろしくお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
感激のコンサート
幸せな時間てどんな時?って聞かれたら、すぐさま「こんな音楽を聴いているとき」と答えるでしょう。

土曜日の昼下がり、目を閉じるとさり気なく始まった「STAY」
コンサートはまだ始まったばかりだというのに「サファイアの光」でもうすでにしっかりと大きなチカラに包み込まれ、三四朗さんと森下さんの音の世界へ引きずりこまれていってしまいました。
先が読めない、予想がつかない緊張感と、驚きと発見とで、深い感激と共に一気にアンコールまで時間は過ぎて行き…。
一つの楽器で、あんなに幅広い音色と表現ができるのですね。
森下さんのハモンドが聴けたのも、とても嬉しいプレゼントだったし…
濃くて深くて、色彩豊かで、とっても刺激的で、本当に本当に素晴しいコンサートでした。
anemone 2008/07/14(Mon)12:03:14 編集
折しも、激しいスコールの只中にライブは始まり・・
三四朗さんと森下さんのライブは2度目。
初回に出くわした激しいスコールは、今回も、次から次にと通過し。気づけば全身ずぶ濡れでかすかな雷鳴と雨の香が残る静けさの中に。

次回は、8月5日クラビィーアです。
どうやり過ごそうかという期待と不安・・。

ハーモニー東京センターでもまた開かれることを!
お二人からのメッセージです。
「全身全霊を込めて演奏に集中する2人の音楽は
時に激しく、時に切なくあなたを揺さぶります。」
もこ 2008/07/13(Sun)11:52:28 編集
お元気ですか
三四朗さん、このブログが
もう、随分長い間 更新されてないので、お元気かしら・・?って心配になって コメントしました。
もう、大分 古い話ですが、5月の東京タワーでは、リクエストに答えていただいて、どうも ありがとうございました。
 これからも、お体に気をつけて お仕事 がんばってください。
hana 2008/06/22(Sun)22:53:30 編集
津軽三味線の後は?
今日のヘブンアーティスト、サパトスの片方、純さんがなにやら、だいぶ遅れていらしたので心配しましたが。。。何があったのだろう???
「ちょっと出掛けて来ます~」と姑に・・・
言い残して来たもので・・2曲サパトスの曲を聴いて帰る私の後ろ髪は惹きに引かれて、円形脱毛症?
しかし本物の津軽三味線も結構イケていましたね!音楽は、何を聴いても何処かで何かが繋がっている。本当に・・・音楽っていいですよね!
三四朗殿、純さんが来るまでのナガ~イ時間、
一人でお疲れ様でした。
kiku 2008/06/18(Wed)23:36:28 編集
初体験
ストリート、地下。どんなサウンドが聴けるのかなぁ~と期待していました。
何処で聞いてもやっぱり三四朗殿のSAXは熱い!
でも、愛想はクールでありました。お小遣い貯めて、また行きます。

kiku 2008/06/12(Thu)00:29:23 編集
クール
私の中では外見ではiPS細胞を発見した京都大学の山中教授とベリーショートの三四朗さんはダブっています.お二人ともご自分のお仕事にかける情熱は並大抵のものではないのが風貌から感じ取れるから.片や学者,片や芸術家,ともに眼差しは深く,ひとかたならないものを感じます.
安藤孝子 2008/05/23(Fri)18:17:52 編集
お久し振りで(@^^)/~~~
三四朗さんお元気ですか?
今年は、ぐっと抑えたスケジュールで
昨年の忙しさが嘘のような気もしますが
多分、私達の知らない処でバッチリ今年もお仕事をしているのでしょうね?
三四朗さんのSAXに惚れこんで、付いて行けるところは何処までも~なんてストーカーみたいではありますが、昨年、色んな処で、色んな人達と出逢いながら・・・沢山の曲を沢山の所で聴かせて頂きいっぱい人生の楽しみを教えて貰いました。
三四朗さんと純さん、クリオネの皆さん、三四朗グループの皆さんに感謝しています。
でもね、やっぱりクリクリ長髪のやさしい三四朗が、音楽とマッチシテ最高でありました。
藤沢で今年はクールな三四朗で行くって言っていたけれど、三ちゃんはクールよりやさしさが、とっても似合う、超カッコいいミュージシャンです。毎晩眠れぬ夜を過ごしながら三四朗のどこか他のSAX奏者とは違う・・・独特な音色のSAXにトロケテいます。藤沢にまた来て下さいね。陰ながらずっと応援しています。新宿西口地下の演奏楽しみですね。
kiku 2008/05/23(Fri)00:20:14 編集
学芸大学にて
四国ツアーと女性専用車両??の話、楽しかったです。
7年サイクルで髪の毛を短くされたそうですね。

それより何より素晴らしいサックス演奏が一番感動でした^^v。
5/10付マイブログにどうぞコメント頂けると嬉しいです。(o^ー’)b

toshinny URL 2008/05/11(Sun)18:06:57 編集
無題
お帰りなさい!
香川では、充実した時間を過ごされたようですね。また、東京のライブで沢山、高松ツアーの楽しい話を聞かせてくださいね。
hinano 2008/05/02(Fri)00:50:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
(11/14)
(10/29)
(10/18)
(10/18)
(10/16)
(10/12)
(10/11)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三四朗
性別:
非公開
職業:
音楽家
自己紹介:
ミュージシャン、サックスプレーヤー、作曲、アレンジ、プロデューサー
活動母体/サパトス、三四朗グループ、クリオネ、いにしえのトリオ
活動場所/
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]