忍者ブログ
ブログ作成
[319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の津田ホールのコンサート「襷」が終了しました。
おかげさまで沢山のお客様に来て頂けました。

ありがとうございました。

終演後すぐにロビーに出たら、お客さまが真っ先に、楽しかった〜、よかったぁ〜とおっしゃって下さったので、とても嬉しく、またほっと致しました。

今回は、XUXUも僕も、そして小畑さん、はたけやまさん、皆さんスケジュールがびっちり入っている中を、かいくぐってのリハーサルと打ち合わせで、本当にご苦労様でした。


素晴らしいプロダクションスタッフ、音響チーム、日大芸術学部の照明チームとにサポートされて無事コンサートを終了することができました。ありがとうございました。

さて、今回の曲目プログラムは、(セットリストと業界では言う)
1部
M1 Opening「Manunima」
M2 Come Join Us
M3 スパイ大作戦テーマ
M4 クリスマスソングメドレー
M5 ベートーベン交響曲第5番「運命」
M6 江ノ島恋心
M7 透明な空の向こうに
M8 Everybody wants to sing
休憩
2部
M9 リベルタンゴ
M10 Come together
M11 My favorite thing
M12 I wish you
M13 Spain
アンコール
M14 Happy Christmas

M3,4,5はXUXUだけでお送りした曲です。

今回のコンサートはMr.Rightの発案とバックアップにより実現したものです。僕らにとっても実にチャレンジングな試みでした。
XUXUのコーラスがバッチリサックスの音と絡んだときには、僕も鳥肌が立つほどのサウンドになりました。これは今後のアレンジの大きな目標になりました。

津田ホールでは今までにも、ストリングスカルテット、クリオネ編成、などやって来ましたので、これでコーラスグループの経験、特にXUXUという特別なユニットとご一緒出来たことで、ストリングスとコーラスという新たな目標も見えて来ました。

また、小畑さんのギターはもちろんのこと、はたけやまさんのパーカションには会場が沸き上がりましたね。ぼくも久しぶりに彼女と演奏したのですが、さすがに井上陽水さんとのツアーでいい感じにテンションが出来上がっていたのか、素晴らしいパフォーマンスを見せて頂きました。

今回のコンサートはいろんな苦労があり、とても重たいものでしたが、終わってみるとその苦労も重たさも、すべて感動に昇華されたような気がします。

今年の締めくくりにはふさわしいコンサートになりました。
皆さん、ほんとにどうもありがとうございました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
20日も…
20日のブログが立っていないので、津田ホールに居候させてください。

20日の3ステージは、どれも趣が違ってよかった!
高円寺のゆうゆう館は、ラフなカーディガン姿で弾き語りもあり、なんとギターのソロも入り、ほのぼのとした温かい雰囲気。
18時30分からの日本橋三井タワーのアトリウムでは、ピシッとジャケット姿で、pf.bass.g.dr.per.の素晴らしいミュージシャンと共にパワフルな演奏で、かっこよかった~!!!聴衆は300人近くいたんじゃないでしょうか?ああいう場では、三四朗さんはスターのオーラが出ますね。アンコールの、季節はずれのサンバ・デ・ベラオで超盛り上がり、ジョンレノンのハッピークリスマスで超感動しました。

20時からの銀座鹿の子では、ほんの30分前までランプの魔神ほど巨大化していた三四朗さんが、等身大のサパトスサイズに戻っていて、ちょっとホッとしました。いつものゆるい感じで癒されました。

一日で、多彩な三四朗ワールドを見せて下さってありがとうございました。
cat 2010/12/23(Thu)13:36:15 編集
有難うございました
CD届きました。
2月の上田でのライブ楽しみにしています。
ぜひ「わおん」へもお寄り下さい。
19日にわおんパパのバンドの忘年会が神楽坂であり、ふたばさんと一緒でした。
もう歌いまくりという大盛り上がりで、疲れ果てて真夜中に帰宅しました。
バンドの仲間が、サパトスのクリスマスコンサートに行くそうで、羨ましい限りです。
本当の寒さはこれからと思いますが、風邪などひかれぬようご活躍下さい。
わおんママ 2010/12/22(Wed)02:09:27 編集
昨夜は
「百聞は一聴に如かず」
しなやかで温かい、迫力ある、不思議な音・言葉世界へ。「新しい試みの世界」に入り込んでしまいました。まだ、片足が・・・  

わんだふる! ありがとうございました
もこ 2010/12/17(Fri)13:52:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
(11/14)
(10/29)
(10/18)
(10/18)
(10/16)
(10/12)
(10/11)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三四朗
性別:
非公開
職業:
音楽家
自己紹介:
ミュージシャン、サックスプレーヤー、作曲、アレンジ、プロデューサー
活動母体/サパトス、三四朗グループ、クリオネ、いにしえのトリオ
活動場所/
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]